【最新刊】女はポルノを読む 女性の性欲とフェミニズム

女はポルノを読む 女性の性欲とフェミニズム

著:守如子

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    女性もポルノグラフィを楽しんでいる-。男性特有のものと特殊視されやすい「ポルノを読む」経験をそのくびきから解き放ち、「女性たちがどのようなポルノを読んでいるのか」「どう楽しんでいるのか」「女性向けポルノはなぜマンガなのか」などを「ハードなBL」「レディコミ」雑誌を大量に読み込み、読者投稿を分析することで明らかにする。そのうえで、フェミニズムのポルノ批判が女性の性欲=性的能動性を取りこぼしている点を指摘して、快楽的な性に対する女性の能動性を肯定し、ポルノを消費する主体としての可能性を丁寧に論じる。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    251ページ
    提供開始日
    2014/03/21
    連載誌/レーベル
    青弓社ライブラリー

    レビュー

    • 2014/11/16Posted by ブクログ

      ポルノを「女性に対する人権侵害」と画一的に決めつける議論が、女性たちの多様な性的欲望を無視していることに疑問を投げかけ、女性向けポルノコミックが何を表現しているか、だけでなく、むしろ女性たちがそれらを...

      続きを読む
    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      女性用ポルノを扱う研究はなかなか見ないので、大変面白かった。女性用ポルノにおける強制性の扱い方のあたりはほんとにスリリングでおもしろい。返す刀で男性用ポルノにおける女性の主体性にも言及するのも見慣れた...

      続きを読む
    • 2013/07/10Posted by ブクログ

      まだ立ち読みしかしてないけど、著者が同い年の人だった。BL関連の本は少し読んでみてるけど、ここまで突っ込んで書いているのはまだ見たことないなあ。どんなふうにかいてあるのか、楽しみ。
       よくまあ、ここま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード