散文世界の散漫な散策 : 二〇世紀の批評を読む

著:大谷能生

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「批評」という「作品」を通して、日本語の「書き言葉」が孕む様々な可能性を探る。気鋭の批評家が影響を受けた「批評」を5冊ピックアップ。批評の対象だけでなく、それを扱う手つき、書き方という部分に注目して丁寧に読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード