カラスの常識

著:柴田佳秀

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ゴミを荒らして困る、カアーカアーとうるさい、いきなり頭を攻撃された…カラスと人とのトラブルは耐えない。カラスと共存する道を探らなければ、人間も不幸だし、カラスも不幸である。想定外のことが起こると腹が立つ。何でこうなるのと思う。カラスの迷惑とはそんなものである。だから、まずカラスのことを知ってみよう。「カラスの常識」に則って行動しているカラスの立場に立ってみよう。山ではクマの知識が必要なように、現代ではカラスの知識が必要なのだ。カラスの立場に立って考える-それが、じつはカラスのみならず人が暮らしやすい社会をつくっていくのではないか。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/02/27Posted by ブクログ

       「愛」を感じる本です。

       相手のことをもっともっと知りたい。相手の立場になって考えてあげたい。どんなに嫌われ者でもかばってあげたい。これって愛でしょ。

       カラス専門家といってよい著者の科学ジ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2007/06/11Posted by ブクログ

      よかった。
      正しい論理展開だった。
      石原都政批判もきちんとしている。

      後ろアタマを蹴られる実験がすばらしい!

    開く
    [{"item_id":"A000231400","price":"550"}]

    セーフモード