理系アタマのつくり方

著:四ッ柳茂樹

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “LACEの法則”でみるみる問題解決!世界一わかりやすい「理系」スキルの物語。あなたは理系タイプですか?それとも、文系タイプですか?この本でご紹介する「理系アタマ」とは、いわゆる学校で区別される理系・文系とは少し違います。「理系アタマ」を構成するのは、ビジネスを中心にあらゆる場面で「物事を体系立てて考える」ために欠かすことのできない4つの力。それが、「論理力(Logic)」「抽象力(Abstraction)」「計算力(Calculation)」「実験力(Experimentation)」です。一般的にビジネスのノウハウとして重視されがちなのは「営業力」や「コミュニケーション力」といった「文系アタマ」の要素ですが、実際に仕事の現場で成果を出しているビジネスパーソンというのは、どちらか一方の能力だけに偏るのではなく、両方の能力をバランス良くもっているもの。それを、著者は「理系アタマ」の4つの能力の頭文字をとって“LACEの法則”と名づけました。この本では、いかに「理系アタマ」を具体的な場面で活用していけばよいかが、物語を通して学べるようにわかりやすく書かれています。理系的な考え方が苦手だと思ってあきらめていた方も、ぜひこの本で主人公の“国分君”の気持ちに立って、理系スキルの基礎を身につけていってください。*目次よりプロローグ第1章なぜなぜ坊やになろう!(論理力1)第2章風が吹いても桶屋は儲からない(論理力2)第3章自分法則を発見しよう(抽象力1)第4章パターン分けしてみよう(抽象力2)第5章難しい暗算はやめよう(計算力1)第6章目安を知ろう(計算力2)第7章早食いは儲かる?(計算力3)第8章とにかくやってみる(実験力1)第9章同じ失敗を繰り返さない(実験力2)第10章終わりのない楽しさを味わう(実験力3)エピローグ

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      理系的な思考プロセス:LACEの法則
      ・論理力(Logic)
      ?「なぜ」を繰り返す→真の原因が見えてくる→根本的な原因を突き止めることができれば、問題を解決することができる。
      ?演繹と帰納、三段論法と...

      続きを読む
    • 2009/02/19Posted by ブクログ

      著者は
       理系的な思考プロセスに欠かせない
        論理力 Logic
        抽象力 Abstraction
        計算力 Calculation
        実験力 Experimentation
       の頭文字をとり...

      続きを読む
    • 2018/12/24Posted by ブクログ

      ストーリー仕立てなので読みやすい。

      もう少し、キャラを引き立たせても良かったかも。それから手法やフレームワークについてももう少し突っ込んで解説がほしかったかなあ。

      だけど、はじめて論理思考とかピラ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000231345","price":"1210"}]

    セーフモード