社長島耕作 16巻

完結

弘兼憲史

648円(税込)
ポイント 6pt

チャイナリスクを避けてインドネシアへの工場移設を決めた島は、視察のため成長著しい首都ジャカルタに降り立った。これが社長としての「最後の仕事」になると意気込む島。ある夜、ジャカルタ市内で開かれた日芝主催のパーティーに出席した島は、20年前「完璧なプラトニック・ラブを全う」したある女性と思いがけない再会を果たす。乱れる島の心。ロマンス、再燃か――!?社長編、堂々完結。

続きを読む
  • 社長島耕作 全 16 巻

    未購入巻をまとめて購入

    社長島耕作 全 16 巻

    9,072円(税込)

レビュー

4.1
6
5
2
4
3
3
1
2
0
1
0
  • 2014/02/07Posted by ブクログ

     社長シリーズは最終巻だった。テコットでは二期連続の赤字計上となった責任をとる形で、万亀会長が退任、島が社長を辞任して代表権のある会長に退くことになった。そして国分新社長が誕生してシリーズは終了した。...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2014/01/20Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/10/26Posted by ブクログ

    社長編もこの巻で終了。課長編の17巻に次ぐ、長い16巻となった社長編。1970年に初芝産業に入社してから43年目の島耕作。いよいよ、会長へ。この調子でいくと、相談役編もあるのかも?

もっと見る

セーフモード