社長島耕作 7巻

社長島耕作 7巻
完結

弘兼憲史

648円(税込)
ポイント 6pt

再び島の前に姿を現した、上海マフィアのボス・曽烈生。曽は、中国政府から任された強大な権限を背景に、ボリビアとのリチウム獲得交渉を有利に進めていた。島は曽の暗躍の確証を得るため木暮に調査を依頼。韓国の李甲寿(イカプス)もまた、自国の調査員を派遣し真相を探る。日本・中国・韓国が繰り広げる三つ巴の暗闘。リチウム利権を巡るシーソーゲームが繰り広げられる――!

続きを読む
  • 社長島耕作 全 16 巻

    未購入巻をまとめて購入

    社長島耕作 全 16 巻

    10,368円(税込)

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2010/11/01Posted by ブクログ

    基本漫画はあまり読まないんだけれども、島耕作はビジネスの勉強にもなるし、企業人としての価値観なども考察できるので、社長シリーズから読み出した。 レアメタルの日中韓の競争は、なかなか面白い。

  • 2010/10/22Posted by ブクログ

    なんか世界各国 vs 中国 を描いてる有様は現実を意識しているストーリーに他ならないかと・・・。恫喝外交を繰り広げ、アンダーグラウンド作戦を躊躇しないかの国、一方外交戦には滅法弱い我が国日本! はてさ...

    続きを読む

セーフモード