女房対策

著:川北義則

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家では女房を上司と思え!デキる男は女房とも仲がいい。もう、これで女房の地雷は踏まない。互いに居心地のいい関係であるために変わるべきは夫である。いくらバリバリ仕事ができて、心置きなく遊びも楽しんでいる男でも、女房を幸せにできない男は、良い人生は送れない。なぜなら、家族を大切にしないことになるからだ。女房をリスペクトしなければ、結局、男もないがしろにされることになるのだ。『男の品格』など数々のベストセラーを産み出し、仕事も遊びも超一流の“人生の達人”が語る「生涯の伴侶に喜んでもらいながら、自分も好きなことをする」方法。*目次より・できる男ほど「女房対策」が上手・お互い年をとってからの異性の友だちを大事にする・相手の両親は女房の分身・幸運を運んでくる「悪妻」、運を失う「良妻」・「ありがとう」は口に出して言う・お互い、知らなくてよいこともある・女房が別世界をもつと夫も磨かれる・お互いのケータイにお互いの幸福はない・女房の地雷を踏む言動はこれだ!・臨終間際に女房をほめてもしょうがない

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/05/06Posted by ブクログ

      ####################################################################################################...

      続きを読む
    • 2014/05/16Posted by ブクログ

      新聞広告で気になって図書館で借りてみたものの。

      一応メモ。
      ⚫︎若い男が自分の女房のことを、うちの嫁と呼ぶことが違和感。関西のお笑い芸人の影響か。嫁は息子の連れ合いのこと。

      ⚫︎女房は出産して母に...

      続きを読む
    • 2014/04/20Posted by ブクログ

      【生き方】女房対策/川北義則/20140420(35/209)
      ◆きっかけ
      ・日経広告

      ◆感想
      ◆引用
      ・特に退職後は女房を上司と思え。
      ・世代による違い。
        30代は努力、40代は忍耐、50代は...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000231341","price":"1320"}]

    セーフモード