なくしたものとつながる生き方

著:尾角光美

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大切なものを失ったとき、どうすればいいのか僧侶や経営者、多くの人が耳を傾ける“希望”を感じられる生き方読者のみなさんは、グリーフという言葉をご存じでしょうか。「大切な人やものを失ったときに生まれてくるその人なりの自然な反応や、感情、プロセス」をグリーフ(日本語では悲嘆と訳されます)と言います。著者は現在、「リヴオン」という団体で、グリーフを抱える人をサポートする「グリーフケア」に従事しています。著者がこの活動をはじめることになったきっかけは、10代で経験した親の死でした。著者自身もうつや、腰痛、不眠など、グリーフからくる心身のさまざまな反応に長年苦しみました。しかし、その過程で、悲しみと悲しみが出会うと希望になること、人とのつながりの中で生きる力が培われていくことを知ったと言います。大きな悲しみを経験したあとで、人はどう生きていくことができるのか。そして、傷ついた自分の中に、もう一度力を取り戻すためにはどうあればいいのか。そのヒントが、本書には綴られています。大切なものを失うこと――死別をはじめ、それはいつか誰もが経験することかもしれません。その時がおとずれたとしても、自分を手当てする方法がある。だから大丈夫だと信じられる本です。自分を支える力に、本書を通して気づいていただけると思います。*目次よりChapter1見るChapter2祈るChapter3忘れるChapter4触れるChapter5ゆるすChapter6信じるChapter7生きる

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      疲れて文字が入ってこなかった私にも読みやすい柔らかな言葉で、すっと心に入ってきました。

      誰もが出会う、大切な存在を失う経験を、自分のこととして受け取っていく、そのために何ができるか、いろんな角度から...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000231340","price":"1210"}]

    セーフモード