月と水の夜 2巻

梶原にき

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

五年生の春休みを祖母の田舎で過ごしていた吉晴は、夜、父・晴彦の双眼鏡を川に忘れたことに気付き、探しているうちに、誤って川に落ちてしまう。溺れる、と思った吉晴を助けてくれたのは、二人の着物姿の青年・清太と魚吉だった。二人はこの河に棲む河童だという。確かに甲羅も水かきもある。吉晴が無くした双眼鏡は魚吉が持っていて、無事に返してもらう。必ず遊びに来ることを約束して帰宅した吉晴に、晴彦は、「魚吉と清太は元気だったか?」とほほえむ。実は、晴彦も子供の頃に、この二人に出会っていたのだ。それ以来、吉晴は、夏休みを彼らの棲む川で過ごしている……。

続きを読む
  • 月と水の夜 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    月と水の夜 全 2 巻

    1,298円(税込)
    12pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2006/09/26Posted by ブクログ

    一応分類はBLだそうですが、これはほんとうにBLとしてはたいしたことありません。普通に読めると思います。河童の二人が可愛いです。特に魚吉。

  • 2006/08/03Posted by ブクログ

    全2巻。一応ジャンルはBLですが、普通に淡々とした御伽噺といった感じです。
    父親の田舎にある川に住んでいる河童と、少年の交流を描いたお話。

[{"item_id":"A000231047","price":"649"}]

セーフモード