リバーサイド・チルドレン

著:梓崎優

1,466円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【第16回大藪春彦賞受賞作】カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリートチルドレンに拾われた。「迷惑はな、かけるものなんだよ」過酷な環境下でも、そこには仲間がいて、笑いがあり、信頼があった。しかし、あまりにもささやかな安息は、ある朝突然破られる――。彼らを襲う、動機不明の連続殺人。少年が苦難の果てに辿り着いた、胸を抉る真相とは?激賞を浴びた『叫びと祈り』の俊英が、カンボジアを舞台に贈る鎮魂と再生の書。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2013/09/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/16Posted by ブクログ

      1年くらい前に買って、何故か埃を被っていた1冊。
      デビュー作の『叫びと祈り』は、私たちとの価値観の違いを理論に落とし込み、異形の動機を描き切った傑作でしたが、本作もそのスタイルは変わらず、長編でその異...

      続きを読む
    • 2014/03/26Posted by ブクログ

      本格…なんかなあ。中学生上がるくらいの男の子にそんな推理させるか?と正直思ってしまう。あと文体があまりにロマンティックなのが鼻についちゃう。嫌いじゃないけど…というかんじ。ある意味社会派とも言えるグロ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000231032","price":"1466"}]

    セーフモード