【最新刊】駿女

駿女

佐々木譲 著

984円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    奥州平泉のさらに山奥深い糠部の地に育った馬の巧みな少女由衣は、従弟の八郎丸や兄弟達とささやかながらも、幸せに暮らしていた。しかし従弟だと思っていた八郎丸が実は義経の落胤であったことから、頼朝の奥州平定に藤原勢として身を投じることとなる。苦戦を強いられ転戦する由衣たちが最後にとった驚くべき結末とは!?259ページ

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/14
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    • null巻2009/08/16Posted by ブクログ

      義経自害後の奥州合戦を描く。義経の落胤を巡って頼朝を描く佐々木史観が興味深い。一族を滅亡させた頼朝に果敢に挑む蝦夷との混血少女由衣の活躍が物語をひっぱる構成がすばらしく、飽きさせない。

    • null巻2015/07/27Posted by ブクログ

      義経が衣川で討死した後の話。泰衡が頼朝に滅ぼされる下りはあっさりと済まされがちなので、詳しく書いていただき状況がわかりました。東北の歴史は切ないですね。せめて義経の落胤八郎丸は義経伝説に被るようにフェ...

      続きを読む

    セーフモード