Lightning 2020年4月号 Vol.312

Lightning編集部

800円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    基本的に我々は、アメリカのモノが大好きだ。だけど、日本の古布やアフリカのシルバーアクセサリーを取り入れるなど、アメリカンスタイルを軸に、その時々の気分で様々な要素を付け足している。いま気になるのは、イギリスのモノ。今から5~6年前に20世紀初頭のスタイルが流行った際、イギリスのモノも注目されたが、いまは年代に限らず、もっと柔軟に“イギリスのちょっと上品な感じ” を取り入れたい。例えばスティーブ・マックイーンのように。我々も含め、多くのアメリカ好きが目指すアイコンであるのだが、よく見るとイギリスのモノをたくさん愛用している。彼みたいに気負わずサラッとイギリスを取り入れてみたい。いま、ライトニングはボストンバッグの気分。他のバッグと比べて少し不便でも贅沢にレザーを使ったハンドルのみのミニマルなボストンバッグに憧れるもの。今号では今のボストンバッグシーンを探っている。 ※紙版掲載の広告については一部掲載しておりません。 ●稲妻デニムフェスティバル@児島●Schott de 2shot●EDITOR’S PICK●目次●巻頭特集 Feelin’British ちょっぴりイギリス気分。●BUCO 2020●ありそうでなかったジョイントワークが実現。●WAREHOUSE&CO.AUTHENTIC PRODUCTS●We Love AVIREX STYLE!●第二特集 REVIVAL of BOSTON BAG ボストンバックの逆襲。●PELICAN AIR●ジョン万次郎のデニムプロジェクトが再始動!●pure blue japan INDIGO通信●教えて!! 梶山先輩!!●Monthly Jelado●ARIZONA FREEDOM 30th Anniversary●天神ワークスPOP-UP SHOW!!@長崎TACK●圧倒的空間のメンズショップ。●NO name! JOURNAL●MUSHMANSがBIGにリニューアルオープン!●LNGドローン部●パームツリーのある風景●OWNER’S STORY RETURNS●VINTAGE MARKET●MUSEUM in the POCKET●東京インターナショナル ギフトショー春2020●Lightning×DIYer(s)の日曜大工●カリフォルニア工務店●Put on Tags●VOICE OF BOOKS●ハイレベル間違い探し●稲妻フェスティバル2020WEST 完全レポート●FACTORY SHOP

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002336963","price":"800"}]

    セーフモード