【完結済み】名無しは一体誰でしょう? 1巻

名無しは一体誰でしょう?

完結

作:山田鐘人 画:岡崎河亮

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

今、僕には、三つの困ったことがある。一つ、気付いたらここにいること…二つ、記憶が無いこと…三つ、刃物を持った女の子が目の前にいること…とある場所で意識を取り戻した時、異常な情景が目の前に広がっていた。舞台は2024年5月17日の近未来。『僕』の、謎と記憶を巡る物語が始まる…!国民的ミステリーコミック『名探偵コナン』の作者・青山剛昌先生からのオビコメント…「こんなカッコイイ名探偵オレが描きたいぐらいだ!」とお墨付き!新時代を問いかける本格派ミステリー!!

続きを読む
ページ数
169ページ
提供開始日
2014/03/17
連載誌/レーベル
少年サンデー
出版社
小学館
ジャンル
少年マンガ
  • 名無しは一体誰でしょう? 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    名無しは一体誰でしょう? 全 5 巻

    2,310円(税込)
    23pt獲得

レビュー

4.5
11
5
6
4
5
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/05/22Posted by ブクログ

     濃すぎたのかもしれないわね。
     全編バリバリの推理劇。
     主人公たちも敵も、おっさんもみんな考えてクレバーに行動する。
     殺人事件も日常の謎すら希薄ではあるが、ミステリの王道が心地よかった作品でした...

    続きを読む
  • 2017/04/20Posted by ブクログ

     完全理詰め系。
     主人公ほかがちゃんと考えるわたしの好きな作風。
     世界設定が今よりちょい未来のちょいと変わった歴史をたどった末な設定らしいが、基本現題と同じ文化過程。
     命を懸けたやり取りから、友...

    続きを読む
  • 2017/04/30Posted by ブクログ

     4巻なので基本構造は省略。
     物語は佳境。
     大ピンチの真っ最中で終わる。
     雑誌連載で、毎回いい感じに展開し、単行本を見越してこちらも、ちょうどいい感じに展開する。
     この本に限った話じゃないけれ...

    続きを読む
開く

セーフモード