【最新刊】花筏 谷崎潤一郎・松子 たゆたう記

花筏 谷崎潤一郎・松子 たゆたう記

鳥越碧

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文豪・谷崎潤一郎に愛され、当時世間の羨望の的になった、妻・松子。「春琴抄」や「細雪」のモデルにもなった彼女は、谷崎の理想の女性であり続けようとした。その生涯は、本当に幸せだったのだろうか?愛と芸術の狭間の煩悩を鋭く描く、恋愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ただイメージだけで谷崎潤一郎という人はもっと繊細な男性かと思いきや なんてストレートで分かりやすく、でも気の小さいところもあり まるで子どものような人といえるのか
      松子さんというとお嬢様であったの...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      美しく芸術の象徴とされた妻。
      すごい存在だったんだなぁとは思うものの・・・。
      常に湧き上がる嫉妬心との闘いは・・・。

      次が気になるのであっという間に読みきってしまいました。
      谷崎潤一郎の本 そういえ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      谷崎潤一郎に連れ添った芦屋夫人・松子の物語

      谷崎にお家を貸した人から住居を借りているという方のお宅にお邪魔したことがあるのですが
      はていつごろの時代の話なんかしら、と下世話なことを考えてしまいまし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード