【最新刊】演葬会

演葬会

著者:藤ダリオ

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ベルベット・リンチ」はインディーズで新進気鋭のビジュアル系バンド。彼らにはある秘密があった。メンバー4人全員が、霊に関する何らかの特殊能力を持っているのだ。そのせいか、4人は音楽絡みの霊現象に悩まされてばかり。お互いの能力を生かして、なんとか切り抜けていくのだが、事件の裏にはある真実が……!?

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/11
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 1巻
      2019/03/06

      「出口なし」で知った著者。これも面白いよ、と以前読友さんに教わり読んでみた。

      V系4ピースバンドのベルベット・リンチ。メンバー全員霊にまつわる能力がある。リーダーでヴォーカルで主人公の恭平は霊とお話...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2014/03/13

      すらすら読める。設定に無理がある気もするが、暇つぶしにはいいかな。途中「すいません」という言葉を使っていたが、わざとなのか?

      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2014/03/11

      あらすじの『ヴィジュアル系バンド』という言葉に釣られて読んだ。私はヴィジュアル系バンドが好きでライブに通ったりしてたので、ヴィジュアル系バンドのライブの雰囲気や特有のノリ(振り)やバンギャの生態など、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード