【最新刊】バスカヴィル家の犬

バスカヴィル家の犬

著者:コナン・ドイル 訳者:駒月雅子

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    魔犬伝説により一族は不可解な死を遂げる――恐怖の呪いが伝わるバスカヴィル家。その当主がまたしても不審な最期を迎えた。遺体の傍には巨大な猟犬の足跡が……謎に包まれた一族の呪いに、ホームズが挑む!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/11
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • バスカヴィル家の犬2018/06/01Posted by ブクログ

      ホームズ長編の最高傑作では?
      探偵小説という枠組みに収まらず。冒険小説、アクションあり、身の毛もよだつ怪奇、ホラーあり。小説という娯楽の醍醐味を味わう。
      翻訳の読み易さ故、舞台ダートムアがまた魅力的。...

      続きを読む
    • バスカヴィル家の犬2014/06/30Posted by ブクログ

      恐怖で支配された愛は本物の愛でないと思うんですが、どうですかね?
      それで愛される者が幸せなら本物の愛なんですかね。
      愛する者の愛が演技であったとしても、一生騙し続けられるなら、それで良いのでしょうか。...

      続きを読む
    • バスカヴィル家の犬2016/10/28Posted by ブクログ

      オカルトチックな雰囲気も醸し出しつつ、ホームズ、ワトスン共に体を張った調査。
      ホームズは、近年のミステリ作品に登場する探偵と比較すると肉体派の印象だが、終盤の推理過程を読むと…
      些細な描写から綿密に推...

      続きを読む
    開く

    セーフモード