本をめぐる物語 一冊の扉

編:ダ・ヴィンチ編集部 著者:中田永一 著者:宮下奈都

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今旬の作家の「本の物語」。新たな一歩を踏み出す8編。新しい扉を開くとき、本があなたのそばにいます。執筆陣は、中田永一、宮下奈都、原田マハ、小手鞠るい、朱野帰子、沢木まひろ、小路幸也、宮木あや子。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    40
    5
    0
    4
    14
    3
    23
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      今年最後の1冊にふさわしかった。宮下奈都さんの作品はさらりと読みやすい。原田マハさんの作品は短編だけども流石に深い。小路幸也さん人と人の繋がりと本とのつながりに安定感。中田永一さんのメアリー・スーを殺...

      続きを読む
    • 2017/04/24Posted by ブクログ

      さらっと読めはしたんだけど、ちょっと思っていたのは違った感じがした。校閲ガールはドラマでも見ていたから、読みやすかった。

    • 2017/02/06Posted by ブクログ

      本は魔力を持ってるみたいだ。
      多読するのもやめられないけれどこれ、という一冊を真っ黒にボロボロになるまで読み込みたい。
      そんな本に出会いたい。

    開く

    セーフモード