戦国武将の脳―乱世を勝ちぬくブレインパワー

著:津本陽 著:板倉徹

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作家が語る歴史秘話から、信長の独創性、秀吉の人心掌握、家康の忍耐力、謙信の直感など、卓越した脳構造を脳神経外科医が分析。そうした“戦国脳”を鍛える方法も示した異色対談。【主な内容】第一章信長に学ぶ<その一>第二章信長に学ぶ<その二>第三章秀吉に学ぶ第四章家康に学ぶ第五章信玄に学ぶ第六章謙信に学ぶ第七章戦国群雄に学ぶ

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/04/13Posted by ブクログ

      歴史作家と脳科学者の対談。
      正解かどうか不明だが戦国武将の行動から脳の機能を推測(決断力が優れているとか)している。
      徳川家康の自己抑制能力は参考になる。
      個人的には織田信長が情報収集能力に長けていた...

      続きを読む
    • 2013/05/08Posted by ブクログ

      今まで言われてきたことを脳のメカニズム的にはこうだとまとめたもの。脳科学者と作者が対話形式で話を進めていくが時々会話がかみ合ってないこともある。
      同じ文章がコピペのように別の章であたかも今始めて語るか...

      続きを読む
    • 2012/03/18Posted by ブクログ

      戦国武将として有名な、信長・秀吉・家康・信玄・謙信等の考え方や戦略を紹介し、それは脳のどの部分が特に発達していたのかを医学的な見地から解説を加えたものです。私は歴史が好きなので、脳の構造等よりも、歴史...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000229921","price":"1232"}]

    セーフモード