【最新刊】デブ、死ね、臭い! を乗り越えて

デブ、死ね、臭い! を乗り越えて

1冊

著:細山貴嶺

1,047円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    元「おはキッズ」、デブでお坊ちゃまキャラの細山くんは、2歳の子役デビュー以来、さまざまなテレビ番組&CMで活躍してきました。 しかし、その笑顔の影で、実は彼が幼稚園の頃から壮絶な「いじめ」にあっていたことはほとんど誰にも知られていません。「自殺未遂」「殺害予告」、追い込まれた彼を救ったのは、果たしてなにか。 いじめのない世界を作るために、封印していた自らの過去をあえて告白した、17歳、現役高校生&子役タレントの感動の手記です。 いじめの最中に綴った詩&掌編小説も掲載されています!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/01

    レビュー

    4.3
    6
    5
    3
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/05/04Posted by ブクログ

      子役でテレビに出ていてデブだったら、いじめの対象になりやすかったのだろう。
      自殺未遂までしようとしていた青年の青春。
      ダイエットしてずいぶんと若々しくなっていた。デブは老けさせるんだな。太らないでいよ...

      続きを読む
    • 2012/07/25Posted by ブクログ

      素晴らしい。

      いじめられていた本人でありながら、いじめの原因、いじめる側の気持ちを知ろうとしている姿勢が素晴らしい。単なる恨み節でもなければ、いじめを受けていたことによって形成された今の自分の考えが...

      続きを読む
    • 2012/07/13Posted by ブクログ

      太っちょの子役タレントだった
      細山くんも 今や17歳の高校3年生。
      とても17歳の男の子が書いたとは
      思われないまとまりと 達観した文章でした。
      「いじめは絶対になくならない」 経験したからこそ
      言え...

      続きを読む
    開く

    セーフモード