会社を踏み台にする生き方

著:吉越浩一郎

1,257円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    力がなければ生きられない時代がきた。定年退職まで安穏と働ける環境は、もう日本にはない。この本は、そんな厳しいビジネスの世界で生きていくための、究極のサバイバル術を紹介したもの。また著者が初めて、40代前半までの若いビジネスパーソンに向けた、働き方の指南書でもある。生き残るための具体的手法は、◆まず会社や組織に入り、そこの社風や仕事の仕方の「ワク」にはまる。◆現場や会議で自分のスキルを磨き上げる。◆「ワク」の中で、自分ならどうするか徹底的に考える。◆身に着けたスキルを武器に、まったく環境が違う海外や外資で働く。◆さらにそこで力をつけて、独立できるだけのビジネス力をつける。それぞれの状況で、実際にどのような行動をとり、どういう思考をしていけばビジネス社会で成功していくのか、本書ではさらに詳しく紹介しています。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/11/22Posted by ブクログ

      トリンプジャパンの社長を務めた経験のある吉越さんの著書。様々なビジネス経験から仕事に関してやるべきことなどが書かれている。ワクにはまる、仕事に時間デッドラインを設ける、残業をしない、TTP、海外勤務の...

      続きを読む
    • 2010/02/20Posted by ブクログ

      自分自身が現状のままでは社会に取り残されてしまう・・・自己研磨の重要性がポイントだと思う。さらに、デッドライン設定など実践的な内容もコンパクトに記載されていて良かった。個人的には終章の著者の実体験に基...

      続きを読む
    • 2010/09/17Posted by ブクログ

      吉越氏の本は、テンポがよくて読みやすく面白い!

      会社に通い ”時間を提供した対価” として給与が支払われる時代はとっくに終わっている。今は、職場で成果をあげた人間が、その ”成果の対価” として収入...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001730724","price":"1257"}]

    セーフモード