ふうせんのはか

作:さだまさし 画:東菜奈

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    それは、なんともふしぎなながめだった。弟は、両方の腕をくみ、ふうせん売りのおじさんのことを、にらみつけていた…。「こころ」をうたいつづける歌手・さだまさしが書いた初めての児童文学。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/13Posted by ブクログ

      2011年の本、50冊目。

      たまには児童文学にも触れようかと。
      さだまさしの本には、古きよき日本人像への回帰、
      というテーマが貫かれている気がするんだけど、
      これもまさしくそんな感じ。

      縁日に行く...

      続きを読む

    セーフモード