【最新刊】子どもの脳によくないこと 赤ちゃん学、脳科学を生かす子育て

子どもの脳によくないこと 赤ちゃん学、脳科学を生かす子育て

著:小西行郎

750円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    赤ちゃんの脳科学の研究者であり、日本赤ちゃん学会の理事長も務める著者の本分は小児科医。現場での数十年の経験と最新の学説から、子どもの脳によくないこと、やっても無意味なことをわかりやすく伝授する。触覚による認識を邪魔すること、早期教育、父親の影響…。わずかな注意点、正しい知識を知れば、子育てはぐんと楽になる。さらに望ましい子育てとして、「自分で考える子」に育てるためのヒントも掲載。そして、褒めることより大切なのは理解することだと訴える。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/14
    連載誌/レーベル
    PHPサイエンス・ワールド新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2014/01/26Posted by ブクログ

      赤ちゃんの発達状況や心構えなどが分かり参考になった。カンガルーケアやベビーマッサージなど、良いのだろうと思っていたことのデメリットも知れて、これからの始めての育児にむけて考え方が広がった

    • 2012/06/08Posted by ブクログ

      内容はいつものこと。◆食とは人が良し。◆子どもとの関わり、コミュニケーションの行ったり来たりをが大事。◆子どもが受動的でなく能動的に。脳の発達は、能動的である。

    • 2018/09/03Posted by ブクログ

      『赤子と母は別人格、コントロールできるはずがない』イライラしたらこれ思いだそう。心を解きほぐしてくれる本でした。

    開く
    [{"item_id":"A000229682","price":"750"}]

    セーフモード