教室の亡霊

内田康夫 著

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    群馬県の公立中学校の教室で、かつてその学校で教鞭を執っていた男性の死体が見つかった。毒殺された被害者のポケットには、新人教師・梅原彩とのツーショット写真が。さらに、彩が顧問を務める陸上部員の父親が殺され――。次々と事件に巻き込まれる彩を助けてほしいと依頼された名探偵・浅見光彦が、現代の教育問題に迫る!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/06/22Posted by ブクログ

      母からの借り物。すらすらと読める文体。最後の犯人逮捕の部分は何とも起伏がなく終わってしまった感じがあり、もう一山ほしい感じでした。

    • 2015/02/27Posted by ブクログ

      あれ、浅見光彦がケータイを持ってない?
      と思ったら、この「教室の亡霊」「神苦楽島」「不等辺三角形」の3作品は、
      作家デビュー30周年記念に別々の出版社から、
      3か月連続で出版されたものだった。
      (ちな...

      続きを読む
    • 2013/08/04Posted by ブクログ

      久しぶりに2冊続けて内田康夫さんを読んでみました。

      教員採用にまつわる不正と教育現場の問題に絡んだ殺人事件を浅見光彦が解決します。新任教師が巻き込まれた事件の相談を名探偵が受け、そのプロセスで現状の...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000229268","price":"712"}]

    セーフモード