相も変わらず きりきり舞い

諸田玲子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小町娘と評判の舞は『東海道中膝栗毛』の作者・十返舎一九の娘。酒びたりで奇行ばかりの父、押しかけ弟子の今井尚武、葛飾北斎の娘・お栄など、いつも奇人変人たちが巻き起こす騒動の後始末ばかり。恋を邪魔され縁談は壊され、二十歳になった舞は焦り気味。だが、居候の今井尚武ともいい感じになってきて……。ユーモアと人情たっぷりに描く時代連作集、第二弾!

    続きを読む
    • きりきり舞い 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      きりきり舞い 全 3 巻

      2,585円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2016/05/10Posted by ブクログ

      2012〜13年に「小説ほうせき」に掲載された連続7話の単行本化で『きりきり舞い』の続編。

      十返舎一九の娘で二十歳の舞は、父とその弟子今井尚武、北斎の娘で絵師のお栄の三奇人に毎日きりきり舞いさせられ...

      続きを読む
    • 2015/03/15Posted by ブクログ

      ご存知「東海道中膝栗毛」の作者 十返舎一九には小町娘と言われるおきゃんな娘がいた。この娘、舞の周りには奇人変人が集まってくる。その中には葛飾北斎の娘 お栄もいた。ドタバタの騒動のうちにも深い訳と情けが...

      続きを読む
    • 2014/08/10Posted by ブクログ

      東海道中膝栗毛の笛を書いた戯作者十返舎一九の娘舞を題材にした物語。破天荒な周りの人とのやり取りが面白い。

    開く
    [{"item_id":"A001713433","price":"660"}]

    セーフモード