【完結済み】フイチン再見! 1巻

フイチン再見!

完結

村上もとか

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

漫画家・上田としこ。1917年(大正六)生まれ、2008年(平成二〇)没。これは、まだ誰も歩いたことがなかった「女流漫画家」という道を拓いた一人の実在した「女」を主人公とした物語である。上田としこという一人の素っ頓狂な少女が、戦前の満州ハルピンの高く広い空に、想像の絵を思いうかべた時から、日本の、女の、「漫画の歴史」ははじまったともいえる。村上もとかが渾身の力を込めて描く、漫画の青い青い春。待望の単行本第1集!

続きを読む
ページ数
192ページ
提供開始日
2014/03/10
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • フイチン再見! 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    フイチン再見! 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得

レビュー

レビューコメント(14件)
  • 1巻2017/09/26匿名
    戦後からの少女マンガの事が知れて、新鮮でした。

    70年代後半に生まれた私にとって、マンガの神様と言われる手塚治虫さんの事については、色んな方が作品に描かれているので知っていましたが、上田としこさんというマンガ家さんはこの本で初めて知りました。
    戦後...

    続きを読む
  • 2巻
    ネタバレ
    2014/03/23Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 1巻2018/09/13Posted by ブクログ

    日本の女性漫画家の先駆者的存在、上田としこさんを主人公とした物語。昭和初期から中期の激動の時代を背景に「わたしは元々静止したような重い感じの絵が嫌い。動きのある飛んたり跳ねたり、そんなものが描けるよう...

    続きを読む
開く

セーフモード