真の指導者とは

著:石原慎太郎

898円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    政財界、教育界、芸術の世界で一時代を築いた傑物に見られる普遍の資質。それは「指導者としての自負」「世界観と長期ビジョン」「哲学」「戦略性」「旺盛な行動力」「日本固有の価値基軸としての『武士道精神』」の有無にある。現代社会の停滞と混迷を打開するには、我々一人一人が21世紀を生きる指導者たらんとする自覚を持たねばならない。そのための思考、行動様式とはいったい何か。先達の叡智、言動、知られざるエピソードをもとに、具体的かつ詳細に説き明かす究極のリーダー論。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      タイトルからは石原さんのあるべきリーダー像とは?が記されているかと思いきや、ある程度はあたっているものの歴史上の人物から見たリーダーたるべき理想像から始まって、現在の政治・社会に対する提言までいろいろ...

      続きを読む
    • 2011/09/23Posted by ブクログ

      2011年9月23日、読了。

      大事に大事に、丁寧に読み上げた書。図書館から借りたのだけれど、購入して何度も読み直すべき良い本。

      歴史は様々な集団の行動の集積、つまり指導者の指揮・行動の集積から成る...

      続きを読む
    • 2012/12/14Posted by ブクログ

      石原さんって、記者会見ではコワモテだし、ぶっきらぼうに途中を端折って、結論だけをズバッと言ったりするので、言いたいことが本当に伝わっていない印象を持っていました。
      本書で語られる、国家論、社会論、リー...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000228701","price":"898"}]

    セーフモード