<就活>廃止論 会社に頼れない時代の仕事選び

著:佐藤孝治

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の新卒学生を取り巻く「就職活動=シューカツ」が変わろうとしている。右肩上がり経済を前提にした終身雇用、年功序列システムが崩壊しつつあるからだ。依然として新卒一括定期採用にとどまっているから、<就活>の現状は問題山積なのである。組織が変わるなか、就職・採用において学生・企業は何を重視すべきか?エリート学生の就活力が落ち、東大卒が以前より使えなくなったのはなぜか?企業が本当に欲しい優秀人材の特徴と、そうなるための方法とを、就職採用活動支援のエキスパートが解説する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/14Posted by ブクログ

      ・その人が自社に「所属」しているかどうかよりも、「利益を生み出せる新たな仕組み」を創れる人かどうかが重要。
      ・バーバラ・ミントの『考える技術・書く技術-問題解決力を伸ばすピラミッド原則』を読んで感動し...

      続きを読む
    • 2010/03/02Posted by ブクログ

      <購入>

      入社してから教育されていくことが普通だったが、経費削減にともない教育費もダウン。そのため、外で修業を積んだ即戦力を持つ人や、入社して自分で仕事を創る人をもとめるようになっている。

      「これ...

      続きを読む
    • 2011/09/15Posted by ブクログ

      本日の社長大学のゲスト佐藤孝治さんの本。
      「企業に求められる人はどんな人か?」そうなるにはどうしたらいいかが、分かりやすく書いてあり就活する大学生には勿論の事、社会人になってからも役に立つ一冊。
      私が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000228679","price":"699"}]

    セーフモード