ミスター味っ子II 7巻

完結

寺沢大介

648円(税込)
ポイント 6pt

柿本龍樹に誘われ激安ファミリーレストラン・スワローズにアルバイトとして入店した味吉陽太。そこで出会ったのは安くて旨いを武器に成功をおさめた飲食業界の風雲児・野村翔一。ひょんなことから野村の秘書となった陽太は、客のことを第一に考える姿勢に共感していく――。お客さまは、神様なのか。安くて旨い、この言葉の真の意味とは――。飲食業の裏に潜む闇を日之出食堂は照らすことができるのか!?

続きを読む
  • ミスター味っ子II 全 13 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ミスター味っ子II 全 13 巻

    8,424円(税込)

レビュー

3.4
5
5
1
4
0
3
4
2
0
1
0
  • 2018/07/04Posted by ブクログ

    前半のやや社会的なテーマに、なるほどと。 確かに、低価格で高品質のものやサービスが求められているかも知れませんが、果たして、その陰でしわ寄せを受けている方がいるのではないか? 値段はお客が決めるシ...

    続きを読む
  • 2012/01/30Posted by ブクログ

    陽一が味皇になる宣言。盛り上がってまいりました!それにしても、農家の娘といい、アンヌといい……陽一の奥さんは結構美人なんだな

  • ネタバレ
    2010/12/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード