石塚さん、書店営業にきました。

著:石塚昭生

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    書店と出版社は、いつもすれ違い…。どうすればお互い気持ちよく仕事ができるのか?書店営業がうまくいかない、営業のやり方が想像もつかない、という方々へ、元書店員・石塚さんが書店員の視点から「どうすればいいの?」を解決するヒントをお教えします。大上段に構えた提言ではなく、書店と出版社が「本を売る」ために実践すべきことはなんなのか。書店営業の方のみならず、編集など出版業界の方、出版業界を目指している方にも読んでほしい1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/10/27Posted by ブクログ

      「本を売る」視点でのアドバイス。書店員の視点と営業の視点。
      共通の目的は「客に買ってもらうこと」
      ベストセラーは「土嚢(どのう)」である、というのは納得!
      http://takoashiattack....

      続きを読む
    • 2009/02/06Posted by ブクログ

      具体的で、いろいろ参考になったけど、なんか何もしてないのに怒られてるような気持ちになってへこんだwとにかく否定的なんだもん。あと比喩がいまいち。

    [{"item_id":"A000228426","price":"1100"}]

    セーフモード