HELLSING 1巻

平野耕太

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

舞台は英国。吸血鬼による暴虐な事件が横行していた。そこで結成されたのが、反キリストのバケモノを狩る機関王立国教騎士団通称「HELLSING機関」。その一員である主人公アーカードは吸血鬼討伐のエキスパート。彼自身も吸血鬼であり、銃で撃たれようと、首をもがれようとその肉体は不死身。事件に巻き込まれ吸血鬼の体となってしまったセラス・ヴィクトリアも機関に加わり、団長インテグラルの指揮のもと、今日も吸血鬼事件の鎮圧に向かう。

続きを読む
  • HELLSING 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    HELLSING 全 10 巻

    5,500円(税込)
    55pt獲得

レビュー

レビューコメント(97件)
  • 2016/04/05
    久しぶりに読み返してやっぱりいいなと。

    登場人物がそれぞれ濃い。
    一瞬しか出てなくても、濃い。
    平野先生の不思議なキャラ作りがこれでもかと詰まっている。
    ところどころコミカルなところもある序盤から最終章に向けての加速と凄絶さは文字や言葉にし...

    続きを読む
    ともひと さんのレビュー
  • 2010/11/15

     最近読んだ中で一番の衝撃でした。中二病漫画ってこれのことか! と最初は思っていたのですが、だんだんと引きずられて、とんでも設定もぜんぜん気にならなくなりました。台詞が芝居がかっているんですけど、キャ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2017/03/12
    圧巻の一言

    少佐の台詞回し、アンデルセン神父の二刀を十字に合わせる構え、戦闘シーン、何もかもが大仰、大仰、大仰。戦争に次ぐ戦争というか、実質的にただ1回の大規模戦闘を延々描いているのだが、刻々と変わる戦況、それを...

    続きを読む
    tentenmover さんのレビュー
他のレビューをもっと見る