つばさものがたり

著者:雫井脩介

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    パティシエールの小麦は、ケーキ屋を開くため故郷に戻ってきた。だが小麦の店を見て甥の叶夢は「はやらないよ」と断言する。叶夢の友達の「天使」がそう言っているらしいのだが……感涙必至の家族小説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    64
    5
    21
    4
    29
    3
    13
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/21Posted by ブクログ

      現実とファンタジーがちょうど良い感じで混ざり合っていて、暖かいお話でした。
      お父さんの夢を叶えるためにパティシエになった小麦さん。病気で苦しいのを必死に隠して、厳しいことを言われながら頑張っている姿は...

      続きを読む
    • 2019/04/11Posted by ブクログ

      乳がんを患いながらも、夢であった洋菓子店をOPENさせるパティシエ小麦。
      天使が見える甥っ子の叶夢の予言通り、場所が悪くて、経営も体調もどんどん傾いていく。
      しかし、家族や天使に支えられながら、場所を...

      続きを読む
    • 2018/07/21Posted by ブクログ

      2018/12/30
      恋愛ものじゃない小説久しぶりだなぁ。現実とファンタジーが半々でうっとおしくない程度に混ざって話も面白いんだけど、抑揚がちょっとなぁ。散りばめられてる文章は好きだったかも。

    開く

    セーフモード