語りきれないこと 危機と傷みの哲学

著者:鷲田清一

615円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

語りきれない苦しみを抱えて、人はどう生きていけばいい?阪神大震災を機に当事者の声を聴く臨床哲学を提唱した著者が、東日本大震災から一年を経て、心を復興し、命を支える「人生の語りなおし」の重要性を説く。

続きを読む

レビュー

3.7
12
5
4
4
2
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2016/11/24Posted by ブクログ

    「臨床哲学」を提唱する著者が、震災以後の問題について論じた本です。

    ところどころに著者らしい繊細な精神のきらめきが見られますが、意外にも紋切り型の意見が多く目につくように感じました。とりわけコミュニ...

    続きを読む
  • 2014/10/17Posted by ブクログ

    二つの大震災のショックと痛みを再体験しているなかで出会った本。「語り直し」という言葉は、深く傷みを受けた自分を見つめなおしそれを認め、改めて作り直すことでもあると思う。「語り直し」のプロセスには伴走者...

    続きを読む
  • 2014/02/20Posted by ブクログ

    鷲田さんの本何冊か読んでるけど、ですます調で書いてあるの初めてな気がする。
    それだけ慎重に言葉を選んで書いてるんでしょうね。

    鷲田さんの専門や難しい話は一切なく、読みやすい。

    「いつでもさりげなく...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード