ネット選挙とデジタル・デモクラシー

西田亮介(著)

1,047円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「情報と政治」の関係性はどう変わるのか2013年7月の参院選において、インターネットを利用した選挙活動(ネット選挙)が解禁された。インターネット、ソーシャルメディアという新たなチャネルが開いたことで、日本における情報と政治・行政の関係はどのように変化するのか。著者自ら取材した最新情報も交えて中長期的な展望を語る。第1章ネット選挙解禁と、二〇一三年参議院選挙自民党と野党の多様な取り組み/迷走した政党と候補者/新聞メディアの挑戦とチャンスを見出すネットメディアなど第2章なぜ選挙に情報技術を導入するのか―民主主義の理想、あるいはデジタル・デモクラシーを求めて政策論争の不在と双方向性の問い政治マーケティングの高度化と政治の透明化/市場とメディアが民主主義と「共存」する制度設計など第3章「行政の情報化」と「政党の情報化」「行政の情報化」に向けて/日本版オープンガバメント/間接民主主義の陥穽を乗り越えるなど付章海外レポート「広がるデジタル・デモクラシーの波―ドイツ海賊党の光と影―」(伊槻雅裕)

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      選挙とSNSなどのネットの関係を説いた本。ネットを直接民主制の手段として使う話ではない。日本はネットを使っても双方向性が出ていないことや、政党にPR手段として利用されている現状を述べている。

    • 2014/02/01Posted by ブクログ

      西田亮介『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』NHK出版、読了。昨年7月の参院選で解禁されたネット選挙。しかし以前の選挙と何が変わったのかよく分からない。本書は情報社会論を専門とする著者がその疑問に答...

      続きを読む
    • 2014/06/09Posted by ブクログ

      日本におけるネット選挙の未成熟さを炙りだしている。ドイツにおける海賊党の現状についても、ポジティブな面とネガティブな面をきちんと描いている。

      ネット選挙とは、投票率の工場への寄与であるとか、若者の選...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000227272","price":"1047"}]

    セーフモード