僕がワイナリーをつくった理由

落希一郎

1,320円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    15年前、家族で新潟に移り住み、まったくのいちからワイナリーを作った著者によるワイナリーの創業期。大量生産、大量消費とはまるで反対の一定数の「ファン」だけを相手にした美しいワイナリーは、どうやってつくられたのか?食、農業、地域、ビジネス……と、さまざまなテーマを考えさせられる一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/12/09Posted by ブクログ

      彼のようなモノづくり、組織づくりを行う経営者がもっと増えたら、日本はもっといい方向に変わるのだろうな、と思わせてくれました。

      本の中で「顔のない生産者が、顔のない消費者に向けて、主張のない商品を作る...

      続きを読む
    • 2012/01/28Posted by ブクログ

      カーブドッチに行きたい!

      日本で本格的ワイナリーをつくった落氏の自伝と会社(ワイナリー)について歯切れ良く書かれている。

      日本のワインが
      ・輸入ワインを混ぜて、日本で瓶詰めして「国産」を名乗ってい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/10/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000226876","price":"1320"}]

    セーフモード