ものづくり成長戦略~「産・金・官・学」の地域連携が日本を変える~

藤本隆宏(編著)/柴田 孝(編著)

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本全体の視点で見たとき、地域の地道なものづくり改善運動の積み重ねは何を意味するのか。それはいうまでもなく、日本経済の「成長」である。東京大学「ものづくり経営研究センター」の誕生から全国に広がったプロジェクト。群馬県、滋賀県野洲市、山形県米沢市など地域連携の実際の活動を報告しながら、「現場発、ものづくり長期成長戦略とは何か」を考える。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/10/25Posted by ブクログ

      カイゼンのお話。
      定年退職された団塊の世代といわれる方々のお話。

      それらを組織的に取り組んだ筆者の実録報告書のような一冊です。

      ただ、この活動は目の前のことに手一杯になりがちな中小企業では絶大な効...

      続きを読む
    • 2013/08/28Posted by ブクログ

      地域の活性化の良い具体例だと思った。地域に眠る人材が持つ力を地域のために活用できるようにする。そういう場を自治体が設ける、やり方は大学の研究者、金融機関の協力。産業振興から地域の活性化。もう、企業を呼...

      続きを読む
    • 2013/08/21Posted by ブクログ

      シニアの知見を活かし、中小企業の再生を図ると。たしかに、トヨタやIBMの第一線で働いていた人が定年で埋もれてしまうのは惜しい。その経験を活かすための学校を作り、地方の中小企業のコンサルになると。今まで...

      続きを読む
    開く

    セーフモード