TVニュースのタブー~特ダネ記者が見た報道現場の内幕~

田中周紀

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    共同通信社からテレビ朝日に転職。社会部・経済部の記者や「ニュースステーション」「報道ステーション」のディレクターを務めた著者が、自らの体験を基にテレビの報道現場の内情を克明に記す――テレビ記者はなぜ記者会見で答えのわかりきった質問をするのか?/なぜ負傷者もいない火事や動物絡みのニュースがよく流れるのか?/報道現場に圧力がかかることはあるのか?/局員と制作会社のスタッフの間の溝/コネ入社の実態など。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/02/21Posted by ブクログ

      共同通信、テレビ朝日の記者であって田中氏の作品。新聞(通信社)とテレビ局それぞれに求められる「記者」の違いが具体的に描かれている。同じ「ニュース」と思っていても、そもそもの思想(伝え方や目的)が違うと...

      続きを読む
    • 2016/02/07Posted by ブクログ

      共同通信と、テレビ朝日での記者を経験した著者が、自身の体験を通じて、ニュースがどう作られているのか?を書いた本。

      自分が常に見ているニュースが、どんな人々、どんな手法を使って提供されているのか?が、...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000226866","price":"825"}]

    セーフモード