ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ

米澤鐡志(語り)/由井りょう子(文)

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    伝えたい少年原爆体験記。11歳のヒロシマ。広島に原爆が落とされたのは、1945年8月6日でした。11歳の米澤鐡志さんは、爆心から750メートルの電車内で母親と一緒に被爆します。母親は9月に亡くなり、母乳を飲んでいた1歳の妹は10月に亡くなります。この本は、米澤少年の目で見た、8月6日その日のことと、その後何が起こったか、という記録です。ブラウスが突然発火して、体が焼け始める女性、皮膚が布地のように垂れ下がって、幽霊のように見えた人たち、防火水槽に飛び込んで亡くなっている赤ちゃんを抱いた女性、川を流れていくたくさんの死体。11歳の少年が見た光景を、読者も知ることになります。「どんなにつらい記憶でも、知らないよりは知ったほうがいいと私は思います。本書は読むのも苦しい内容ですが、きっと未来のための知恵を与えてくれるでしょう」(京都大学原子炉実験所小出裕章さんによる「はじめに」より)。原爆や核についてお子さんと考えるとき、最適の1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/08/08Posted by ブクログ

      児童書ではあるが私自身が読みたいと感じ、また子供がもう少し大きくなったら読ませてやりたいとの思いから購入。

      内容としては、子供にも読み易い文章で当時の状況がとても詳細に語られている。
      私の母が被爆し...

      続きを読む
    • 2013/09/03Posted by ブクログ

      児童書。当時の米沢さんと同じ11歳の娘に与えました。
      原爆というものもまだよく分かっていなかった娘に、被爆体験は衝撃的だったようですが、「核のない社会にしたい」と強く思えたようです。
      福島原発事故のこ...

      続きを読む
    • 2018/05/10Posted by ブクログ

      爆心地から程近い場所で被爆し、奇跡的に生き残った少年の話。当事者しか語りえない凄惨な被爆体験は悲しい現実を教えてくれました。戦後70年を過ぎた今、戦禍を直接知る人は少なくなっています。
      子どもにはまだ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000226861","price":"627"}]

    セーフモード