【最新刊】ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書)

ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書)

櫻井よしこ

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本は今、一歩も退いてはいけない!韓国、中国との歴史認識、領土・領海をめぐる対立、軋轢が日増しに激化している。反日韓国人は「従軍慰安婦」の少女像を、この問題とは無関係なアメリカ各地に建てようとし、朴槿恵大統領は諸外国の首脳に反日の告げ口外交を展開している。まさに官民一体となって反日を世界に拡散しようとしているのだ。これは明らかに日本の名誉、国益を毀損する問題である。また中国は尖閣への侵入を恒常化し、防空識別圏を設定して侵略の意図を露わにし出した。尖閣どころか沖縄や離島も隙あらば掠め取る構えだ。安倍首相の靖国参拝でもそうだが、時に韓国、中国は協力の姿勢を見せ、日本に圧力をかけようとしている。こうした韓・中による国益侵害に日本はどう対処すべきなのか。櫻井よしこ氏が韓国、中国問題及び領土・領海、軍事、憲法問題の専門家とダライ・ラマ法王を交え徹底議論する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/21
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • ニッポンの懸案 ...
      2014/03/17

      櫻井よしこ女史と7名の方との対談で、韓・中との付き合いについてのニッポンの懸案について、それぞれポイントを絞って語られている。
      もともとは「言論テレビ」のインターネット番組「君の一歩が朝(あした)を変...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ニッポンの懸案 ...
      2017/04/09

      正直最後まで読むか迷いました。
      最初の対談があまりにあの国らしくてσ^_^;
      日本がまず責任を果たせみたいな(笑)

      しかし最後の3つは良かったです。
      中国がいかに民主主義の通用しない国かということが...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ニッポンの懸案 ...
      2016/12/12

      韓国・中国とどう対峙するかを、キャスターの櫻井よしこが色んな関係者と対談することで、方向性を探っている一冊。

      彼女は右寄りと言われているものの、対談相手は現場の人なので、決して右寄りとは限らない。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード