【最新刊】学歴の耐えられない軽さ

学歴の耐えられない軽さ

1冊

海老原嗣生

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「若者は昔から3年でやめていた」「成果主義で給料は変わっていない」――。マスコミや専門家たちが唱えてきた定説を“人事・雇用”のカリスマがデータをもとに一刀両断。厳しい雇用情勢の下、知っておきたい驚きの真実がわかる。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/21

    レビュー

    3.3
    28
    5
    3
    4
    9
    3
    10
    2
    6
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      これは、目からウロコ。
      大学生の学力低下は入試制度と偏差値のトリックが原因
      人気企業が危ない
      就職氷河期の学生は転職ができる
      35歳以上の終身雇用は揺らいでいない
      非正規労働者の増加は、大学進学率アッ...

      続きを読む
    • 2016/05/05Posted by ブクログ

      偏差値のからくりから未履修問題、教育には言いたくても言えない裏事情があるようだ。日本の総合職について光を当てている興味深い内容だった。

    • 2015/06/30Posted by ブクログ

      タイトル通りの内容は第1章のみで,後半は近年の(といっても5年以上前ですが)新卒生達の就職事情が中心です。

      私が注目したのは,その後半部分です。
      「若者はけっこうカワイソウじゃない」という著者の持論...

      続きを読む
    開く

    セーフモード