【最新刊】授業 俳句を読む、俳句を作る

授業 俳句を読む、俳句を作る

1冊

著:青木幹勇

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子ども俳句のコンテストへの応募者は20万人。みずみずしさ、独創的な感覚、意表をつく表現は、子どもたちを魅きつけます。子ども俳句から出発し、物語による俳句指導に至るまで、短詩型文学の授業の楽しさが語られ、教室や家庭で、子どもとの対話が生みだされます。1992年に刊行された授業記録の復刊です。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    173ページ
    提供開始日
    2014/02/28
    連載誌/レーベル
    「ひと」BOOKS

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/12Posted by ブクログ

       初版は1992年で,私の本棚にあったのは,こちらのものです。
       学校でも,「全校で俳句に取り組もう」といって,時間をとって作らせたりしてきたのですが,どうも,作らせっぱなしの感がしています。俳句を作...

      続きを読む
    • 2015/10/27Posted by ブクログ

      プレバトで、いつき先生の酷評を聞いてるうちに、なんだか興味がわいてきて、
      長男が中学で毎月作らされる俳句を学級通信でクラス全員のを見てると、「あ~季がさなりだよぉ」とか一人突っ込み^^
      その流れで借り...

      続きを読む

    セーフモード