国債リスク 金利が上昇するとき

著:森田長太郎

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています。著者の大胆予測によると、「10~20年後、国債暴落はおよそ3%の確率で起こる」。こうした数値は、金融市場の専門家の間では「通常の確率分布では発生しないリスク」とみなされます。ただし、アベノミクスによって、この「通常は発生しないリスク」の発生確率が、以前よりほんの少し上昇したのではないか、と著者は見ています。なぜ、国債がこれまでとは違う局面を迎えたと考えているのか。本書は日本経済やグローバル経済の変化を基に、そのわけを探っていきます。表面は平穏でも、徐々に変化が始まっている国債市場。「国債に頼った運用を続けていていいのか?」――金融機関や年金の運用担当者は、もしも価格下落が始まったら、その初期で売らなければ損失が拡大してしまいます。国債市場の変調は住宅ローン金利の上昇や円安の進行など、日本経済全体にも大きな影響を及ぼします。国債は、実は投資家のみならずすべての人々に関連が深いテーマなのです。【主な内容】序章「国債暴落」は本当に起こるのか?第1部国債の過去から現在第1章日本はなるほど金余り第2章「個人金融資産1500兆円」の幻想第3章見えない徴税システム第4章デフレが国債を支えている第2部国債の未来第5章財政赤字は続けられるか第6章日本経済を巡る誤解第7章国はどのようにして借金を踏み倒すのか第8章アベノミクスは国債の将来をどう変えるのか

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/12Posted by ブクログ

      双子の赤字時代の米国は、限られた資金を民間から国が奪うクラウディング・アウトの典型的なケース。
      今は、お金を刷る(中央銀行が国債を購入する)ためクラウディング・アウトは発生しない。

      金余り、とは民間...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000226549","price":"1408"}]

    セーフモード