動き出した五輪ビジネス―週刊東洋経済eビジネス新書No.45

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    2月7日からソチオリンピックが開幕した。晴れの舞台で闘う冬季オリンピックの選手たち。一方で2020年の東京オリンピックを目指し、日本のスポーツ界はメダル獲得へ必死の形相だ。JOCがブチ上げた東京五輪の目標は「金メダル30個前後、国別順位で3位」というもの。過去、日本の最多金メダル数は1964年の東京と04年のアテネで記録した16。「30個前後」はその2倍近くになる。選手だけでなく、企業も東京五輪需要に懸命だ。東京五輪によって14.9兆円の新規需要が生まれるが、そのうち12.6兆円のインフラ投資は、五輪がなくても実施される予定だった案件が多くを占める。メダルを目指す選手強化の現場と、五輪特需を狙うビジネス界の動向に迫る!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード