華の下にて

著:内田康夫

677円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国際生花シンポジウムの開催地・京都で雑誌記者が謎の死を遂げた。五百年の歴史を誇る華道家元の座をめぐり、様々な思惑が複雑に絡み合う中、第二の犠牲者が。連続殺人の裏には何が隠されているのか?美しく桜が咲き乱れる古都で、伝統と格式のもとに封印された秘密に、浅見光彦が挑む!著者にとって記念すべき百冊目の作品となった傑作長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/02/18Posted by ブクログ

      【華道宗家家元を題材にした最高の推理小説】

      先日、私達が大好きな内田康夫さんの作品をレビューしたら
      気に入ってくださった方が沢山いらっしゃったので・・・

      ここでひと段落とし、私達が考える内田康夫さ...

      続きを読む
    • 2010/09/14Posted by ブクログ

      長い!華道の家元争いは山村美紗さんの本でもありますが、そんな感じでした。こちらもドラマでよく再放送もやってますけど、本を読んでしまうとやっぱり2時間で終わってしまうドラマは飛ばし飛ばしで味気ないです。

    • 2009/06/30Posted by ブクログ

      華道界が舞台。しきたり、京都、いろんなシガラミがある。
      そんな華道界に触れる形で殺人事件が起こる。
      浅見光彦がその謎にせまる。
      ちょっとどんでん返しのような感じで面白かった。

    [{"item_id":"A000226385","price":"677"}]

    セーフモード