深い疵

深い疵

著:ネレ・ノイハウス 訳:酒寄進一

1,131円(税込)
ポイント 11pt

ドイツ、2007年春。ホロコーストを生き残り、アメリカで大統領顧問をつとめた著名なユダヤ人の老人が射殺された。凶器は第二次世界大戦期の拳銃で、現場には「16145」という数字が残されていた。しかし司法解剖の結果、遺体の刺青から、被害者がナチスの武装親衛隊員だったという驚愕の事実が判明する。そして第二、第三の殺人が発生。被害者らの隠された過去を探り、犯行に及んだのは何者なのか。刑事オリヴァーとピアは幾多の難局に直面しつつも、凄絶な連続殺人の真相を追い続ける。本国で累計200万部を突破した警察小説シリーズ!

続きを読む

レビュー

3.9
55
5
14
4
26
3
13
2
2
1
0
  • ネタバレ
    2018/08/17Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/07/27Posted by ブクログ

    登場人物が多くしかも名前が難しく覚えられない。文章も読みにくく途中何度も放り出しそうになった。が、最後1/4は引き込まれて一気に読み!総合的には面白かった。前作までのエピソードも沢山散りばめられてる様...

    続きを読む
  • 2017/08/31Posted by ブクログ

    ナチスが出てくるだけに、バックグラウンドは重い。 嘘で塗りかためられた過去、殺人。次々に起こる殺人に犯人が誰だか分からない。 最後は予想外の結末

もっと見る

セーフモード