深い疵

著:ネレ・ノイハウス 訳:酒寄進一

1,152円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 652(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

ドイツ、2007年春。ホロコーストを生き残り、アメリカで大統領顧問をつとめた著名なユダヤ人の老人が射殺された。凶器は第二次世界大戦期の拳銃で、現場には「16145」という数字が残されていた。しかし司法解剖の結果、遺体の刺青から、被害者がナチスの武装親衛隊員だったという驚愕の事実が判明する。そして第二、第三の殺人が発生。被害者らの隠された過去を探り、犯行に及んだのは何者なのか。刑事オリヴァーとピアは幾多の難局に直面しつつも、凄絶な連続殺人の真相を追い続ける。本国で累計200万部を突破した警察小説シリーズ!

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(61件)
  • 2012/08/07

    「深い疵」
    ホロコーストを生き残り、アメリカ大統領顧問をつとめた著名なユダヤ人が射殺された。凶器は第2次大戦期の拳銃で、現場には「16145」の数字が残されていた。司法解剖の結果、被害者がナチスの武装...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2013/09/07

    ドイツで人気の警察小説の初紹介。
    オリヴァーとピアの出てくるシリーズとしては3作目。
    評価の高い作品からということのようです。

    ホロコーストを生き延び、アメリカで大統領の顧問にまでなった92歳の老人...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2013/01/25

    読了、82点。

    **
    2007年、ドイツホーフハイムである老人が殺された。
    彼はかつてホロコーストから生き延びた後アメリカに渡り大統領顧問まで勤め上げた人物であった。
    さらに同じ手口で殺されたヘルマ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード