遠い星をかぞえて

岩館真理子

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【夜空の星に家族の姿を見た少女】ふたみは恋や進学の悩みを抱える不安定なお年頃の中学2年生。父は病弱で彼女が欲しいピアノは買えない。ある日、親戚の庄介叔父さんがふたみを養女にしたいと訪ねてきた。ピアノも買えるし、大学も行けると言う。急に挙動不審になる母や姉たち…?表題の3部作他、最終編で庄介叔父が執筆した本の驚くべき内容が明かされる!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2017/01/03Posted by ブクログ

    多感な少女の繊細な目は、事情を抱えつつ秘して振る舞う大人たちを見つめる。暗めの作品だがそこに注がれる岩舘氏の優しいまなざしに救われる。

  • ネタバレ
    2018/05/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2010/01/26Posted by ブクログ

    久しぶりに実家で読み返した一冊。
    岩舘真理子大好きだったけど、年を経て自分はああいう女性にはなれないことがよく分かった。
    いまは誰に共感しながら読んでるかな?おじさんの結婚相手???

[{"item_id":"A000226079","price":"440"}]

セーフモード