【最新刊】小説 上杉鷹山〈下〉

小説 上杉鷹山

童門冬二

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    重役の反乱を克服し、家臣や領民一人ひとりの共感をかちとりながら、地域と人を活性化してゆく鷹山の経営手腕とリーダーシップのすべて。「愛と信頼の政治」を貫いた鷹山の不撓不屈、信念の生涯を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/21
    出版社
    学陽書房
    ジャンル
    歴史・時代
    • 小説 上杉鷹山 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      小説 上杉鷹山 全 2 巻

      1,452円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    4.4
    79
    5
    46
    4
    24
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/06Posted by ブクログ

      数日前、治憲は米沢藩の藩主の座を相続した。まだ十七才の青年藩主である。
      だが、米沢藩は困窮に喘いでいた。借金を頼みに行った色部照長は不首尾に終わったことを告げた。そして、一つだけ策があるという。それは...

      続きを読む
    • 2011/06/05Posted by ブクログ

      名君として名高い上杉鷹山関係の書を一度読みたいと思い手に取ってみた。
      歴史小説には現代のビジネスに使える作品はあまたあれど、本書はその筆頭と言えるだろう。困窮した米沢藩財政を立て直すため、大リストラク...

      続きを読む
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

       竜門冬二による「上杉鷹山」の上下巻は事実に基づく歴史小説。17歳で米沢藩主となった上杉鷹山の責任と、それに押しつぶされない鷹山の成熟した価値観、若く鋭い感性、改革の勇気、そして元来もつ人間に対する愛...

      続きを読む
    開く

    セーフモード