【最新刊】破軍の星

破軍の星

北方謙三

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    建武の新政で後醍醐天皇により十六歳の若さで陸奥守に任じられた北畠顕家は奥州に下向、政治機構を整え、住民を掌握し、見事な成果をあげた。また、足利尊氏の反逆に際し、東海道を進撃、尊氏を敗走させる。しかし、勢力を回復した足利方の豪族に叛かれ苦境に立ち、さらに吉野へ逃れた後醍醐帝の命で、尊氏討伐の軍を再び起こすが……。一瞬の閃光のように輝いた若き貴公子の短い、力強い生涯。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/21
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2008/06/06Posted by ブクログ

      オープニングは主人公、北畠顕家(きたばたけあきいえ)が陸奥守に任じられて若干16歳で
      奥州入りするところから始まる。
      安家太郎(秀通)が山の中からその行軍を見るところから始まり、次には親房(顕家の父)...

      続きを読む
    • 2016/10/18Posted by ブクログ

      破軍星とは、北斗七星の7番目の星で、それが指し示す方角は不吉だと言われる。14歳という若さで陸奥守に任じられ、軍事の天賦の才で激動の南北朝時代に輝きを放った北畠顕家その人を表す言葉として、ふさわしい。...

      続きを読む
    • 2013/08/16Posted by ブクログ

      古本で購入。

      “麒麟児”と謳われた北畠顕家は弱冠16歳で陸奥守に任命され、義良親王を奉じて陸奥へ下向。
      父の親房や結城宗広ら有力武将に支えられ、奥州経営を始める。
      後醍醐天皇の下で推進された新政は大...

      続きを読む
    開く

    セーフモード