偏屈のすすめ。 自分を信じ切ることで唯一無二のものが生まれる。

著:フランソワ-ポール・ジュルヌ

1,036円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

「日本で、わたしのブランドを知っている人は1%もいない」と、時計師であるジュルヌ氏は話す。彼が作っている時計ブランド「F.P.JOURNE」は世界で10店舗の直営店をもっているが、年間生産本数は約850本と少ない。しかし、時計関係者から賞賛され、時計愛好家が最終的に行き着く時計として、高い評価をえている。ものを作る、ということにおいて、クリエーターは利口になってはいけない。あれこれ口を挟むことは誰でもできる。でも、他の人が思いつかない発想は、一握りのクリエーターにしかできない。クリエーターはたとえ周囲に『偏屈』だと言われても、自分の考えを貫くべきである。そこに真の発明があると「F.P.JOURNE」は教えてくれる。

続きを読む

レビュー

4.2
5
5
3
4
1
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/29Posted by ブクログ

    「F.P.JOURNE」
    フランス人の時計技師フランソワ・ポール・ジュルヌが創設した
    高級時計ブランドです。

    世界で10店舗の直営店をもっていますが、
    年間生産本数は約850本と少ないです。

    しか...

    続きを読む
  • 2018/08/09Posted by ブクログ

    偏屈のすすめ。自分を信じ切ることで唯一無二のものが生まれる。。フワンソワポール・ジュルヌ先生の著書。日本人は空気を読むことや周りに合わせることが重視されすぎていて、個性がないがしろにされている。少しで...

    続きを読む
  • 2015/03/25Posted by ブクログ

    フランスの時計職人の方のお話です。
    徹底したモノづくりに対するこだわり、そしてそれを成し遂げていく姿勢、決して利益ではなくクリエーションを最優先に実現させること、彼のオリジナリティをとことんまで追求し...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード