【最新刊】これから誰に売れば儲かるのか 成長戦略の正しい考え方

これから誰に売れば儲かるのか 成長戦略の正しい考え方

1冊

著:吉本佳生

1,123円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    データを分析する力を養うことは、これからの時代は必須。一方で「ビッグデータ」などのデータ分析に頼ると高い確率でコケるのはなぜか。一生使えるヒットを飛ばす秘策が満載。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/21
    連載誌/レーベル
    幻冬舎単行本
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/10/28Posted by ブクログ

      「これから誰に売れば儲かるのか」吉本佳生

      p.9 本書の結論はとてもはっきりしています。日本企業がちょっとだけマーケティングの視点を変えて、高齢女性を最重要顧客層に設定すれば、日本経済の成長率は必ず...

      続きを読む
    • 2014/05/18Posted by ブクログ

      具体的なデータが肝の本。これは中々切り抜きがむずかしいな。。

      ・これから10年とか20年とかで、確実に急成長する消費市場があります。「高齢女性の消費市場」です。

      ・液晶・プラズマディスプレイなどの...

      続きを読む
    • 2014/03/01Posted by ブクログ

      201402/
      これから10年とか20年とかで、確実に急成長する消費市場があります。「高齢女性の消費市場」です。/
      日本全体では人口が急激に減る、これから20年間で、逆にどんどん人口が増えるのは、80...

      続きを読む
    開く

    セーフモード